債務整理のご相談は無料です。土日祝日・平日夜間でも相談OK

042-533-4711

問合わせ

住宅ローンの滞納でお悩みの方

住宅ローンの滞納でお悩みの方

昨今、住宅ローンの支払ができなくなってしまってお悩みの方が増えています。
元々、住宅ローンの性質自体が、世間の景気が良いときに組んだものは世間の景気が悪くなってくると支払が苦しくなる、というものです。
なぜかと言えば、

・景気が良いときは、銀行の預金利率も高い
    →  預金の運用である住宅ローンの貸付利率も高い

・景気が良いときは、住宅ローンの借主も年を重ねていくにつれて今後収入が上がるはずと誰もが思っている
    →  多少短い期間(20年など)でも住宅ローンを貸し出す
    →  10年間は低金利、10年後から高金利というステップ金利などで貸し出す

・景気が良いときは、不動産価格も右肩上がりになることが前提
    →  借主も最悪売ればなんとかなると思って住宅を購入する。

という好景気時特有の貸出事情があるからです。
長引く不況で、右肩上がりが大前提の時期に住宅ローンを組んだ方も、せめて横ばいだろうという時期に住宅ローンを組んだ方も 今、住宅ローンの支払ができなくなってしまっていることが非常に増えています。
とある報道によれば、マイホーム保有者の8人に1人ほどの方が住宅ローンの支払が難しくなっているとのことです。

・今は支払えているけど、今後の住宅ローンの返済が不安だ。
・長引く不況でボーナスがカットされてしまい、住宅ローンのボーナス払いができない。
・カードローンの支払に追われて住宅ローンの支払が難しい。
・リストラされて住宅ローンの支払はしばらく無理だ。
・住宅ローンを滞納していたら、銀行から督促状をもらってしまった。
・住宅ローンの支払のリスケの相談に銀行に行ったが、話を聞いてもらえない。
・裁判所から競売の書類が届いた。
・自己破産だけはなんとか避けたい。

こんな悩みを抱えているのはあなただけではありません。
住宅ローンの滞納にまつわる問題は、ご相談が早ければ早いほど解決の選択肢が広がります。
あなたと家族の生活の拠点であるマイホームをなんとか残す道を探りながら、どうしても無理な場合は売却も検討する。
あなたのお悩みをお伺いして、私たちがあなたにとって最良の方法をご提案致します。
このページでは住宅ローン滞納にまつわる問題の解決の方法を掲載しています。
このページをご覧になって、ぜひご相談下さい

住宅ローンの滞納でお悩みの方の手続メニュー


  司法書士が最初から最後まであなたのお話をお伺いします

住宅ローン滞納に関するご相談は無料です。ご連絡を頂ければ、最速その日にご相談をお受けします。
電話受付時間 毎日朝9時30分~夜10時

042-533-4711           問合わせ