定款変更登記のご相談は無料です。土日祝日・平日夜間でも相談OK

042-533-4711

問合わせ

定款変更などに付随する登記


定款変更などに付随する登記

ご自身の会社の登記簿謄本、じっくり見た事ありますか?

特別なことをしていない通常の場合は登記簿謄本には次のような内容のことが書いてあります。

・商号(会社の名前)

・本店(会社の住所)

・目的(会社の事業内容)

・資本金の額(会社にあるべきお金)

・会社の役員の構成(取締役や監査役はだれなのか)

他にもあるのですが、主要なものはこのようなものです。

登記簿謄本というのは、だれでも法務局に行けば取れる書類です。

御社のことを調べようと思ったら誰でも法務局で御社の登記簿謄本を取れるわけです。

ですから、
登記簿謄本には常に最新の情報を載せておかなければならない、何か変更があったらすぐに 会社の変更を登記簿に反映しなければならない、
という精神が商業登記法(会社の登記に関する法律のことです。)にはあります。

よって、上記のような事項に変更があったら速やかに法務局に変更登記の申請をしなければなりません。

不動産登記とは異なり、商業登記には「いつまでに登記をして下さい。」という登記期間というものがあり、
これを守らないと 過料に処せられることもあります。

また、会社の定款変更などに付随する変更登記については、いわゆる「書式」というものがあまりありません。

添付書類のひな型がないので、会社法や商業登記法の深い知識が求められる業務です。

当事務所では、司法書士の本分である商業登記の分野においても比較的定型的なものから非常に複雑なものまで様々な登記申請を行っております。

迅速・正確な変更登記なら司法書士にご相談下さい。


  司法書士が最初から最後まであなたのお話をお伺いします

会社設立等商業登記に関するご相談は無料です。ご連絡を頂ければ、最速その日にご相談をお受けします。
電話受付時間 毎日朝9時30分~夜10時

042-533-4711           問合わせ


会社設立の商業登記のご相談はエール立川司法書士事務所へ