会社設立のご相談は無料です。土日祝日・平日夜間でも相談OK

042-533-4711

問合わせ

会社設立の必要書類と費用


会社設立の必要書類

会社設立にあたり必要な書類等

①個人の印鑑証明書

ご用意頂きたい方と通数
・会社設立にあたり、資本金を出資される方・・・1通
・会社設立にあたり、取締役になられる方・・・1通
例えば、Aさんひとりが資本金100万円を出資して会社を作り、Aさんひとりが取締役になる場合は、Aさんは出資者として1通、取締役として1通の計2通の印鑑証明書をご用意ください。

②個人のご実印

印鑑証明書をご用意頂いた方のご実印をご用意下さい。

③ご本人確認書類

印鑑証明書をご用意頂いた方の免許証・保険証・パスポート・住民基本台帳カードなどをご用意下さい。
 

④資本金振込用口座の通帳

社長になられる方の個人名義の口座をひとつご準備下さい。
現在ご利用中の口座でも、資本金振込用に新しく作った口座でもどちらでも大丈夫です。

⑤設立する会社の会社実印

お客様でご準備頂く場合は、ハンコ屋さんにてお求めください。

※当事務所にご依頼頂きますと、実印・銀行印・角印の3本セット(素材:柘)がご依頼から2営業日、金額7,000円でご用意できます。
  会社設立までとにかく急ぎの場合は大変便利ですので、お気軽にお申し付け下さい。

 

会社設立の費用

当事務所に会社設立のご依頼を頂いた場合と社長がご自身で会社設立の手続をした場合との純粋な費用の差額は
わずか24,700円です。

税理士や行政書士に依頼した場合とは異なり、顧問契約をする必要はありませんので、会社設立に要する費用が明確になります。
社長ご自身で会社設立するとなれば、書店で会社設立のノウハウ本を選んで購入したり、実際に書類を作成したり、公証役場へ行ったり、法務局へ行ったり、と結構な時間を取られます。合計するとどんなに少なく見積もったとしても10時間はかかるのではないでしょうか。
経営とは自分の時給を設定するところから始めるもの、と言った人がいました。
確かにそのとおりですね。
さあ、自分の時給を2,470円以上と設定した方は会社設立のお手続きを依頼して、その時給の分だけ今後の事業をどのように軌道に乗せるかを考えましょう!

 

自分で会社設立する場合との費用の比較

 

自分で会社設立する場合当事務所にご依頼頂いた場合
定款認証手数料(公証役場でお支払)52,000円52,000円
定款貼付収入印紙40,000円0円
会社設立登録免許税(法務局でお支払)150,000円 150,000円
司法書士報酬(当事務所へお支払)0円 64,800円
登記簿謄本取得費用 1通 600円 500円
印鑑証明書取得費用 1通 450円 450円
合計 243,050円 267,750円
差額  24,700円

登記の専門家のサービスは全てフルサポートであるべきだとの考え方の元、当事務所ではワンプライス・フルサポートで業務を行っています。
お客様はご依頼頂いた後は全てお任せ頂いて大丈夫です。
税理士や行政書士のように、会社設立費用は安いが顧問契約を結ばなければならない、ということはありません。
その他、通信費や郵送費などの名目で費用を頂くことはありません。


 

 

  司法書士が最初から最後まであなたのお話をお伺いします

会社設立等商業登記に関するご相談は無料です。ご連絡を頂ければ、最速その日にご相談をお受けします。
電話受付時間 毎日朝9時30分~夜10時

042-533-4711           問合わせ


会社設立の商業登記のご相談はエール立川司法書士事務所へ